MENU

グリチルリチン酸2k配合のシャンプーを使うメリット

皮膚の炎症を抑える作用があったり、雑菌をスッキリ殺菌してくれる作用を持つグリチルリチン酸2kは、漢方にも使われている甘草と言う植物の根や茎から抽出されるエキスです。この成分がシャンプーに入っていることによって、蒸れやすい頭皮表面で繁殖する雑菌をすっきりと殺菌してくれるので、頭の匂いやニキビなどの炎症を予防できます。また、炎症を抑える作用もあるので、爪で傷つけてしまった小さな傷から繁殖した雑菌によって起こった炎症や、ニキビなどを抑えて症状を改善するメリットも期待できます。

 

グリチルリチン酸2k配合のシャンプーを毎日使っていると、こうした頭皮トラブルを未然に予防することができますし、トラブルが起こりかけても頭皮環境が劣悪になってしまう前にスッキリと改善することができます。薄毛や抜け毛のトラブルは、一朝一夕に起こるわけではありませんから、グリチルリチン酸2kで毎日のヘアケアをしていれば、薄毛や抜け毛になりにくい環境へと近づけますし、トラブルが起きた場合でも進行することなく正常な状態へと戻すメリットがあります。

 

この成分は、「甘草エキス」「グリチルリチン酸2kジカリウム」と記載されていることもありますが、本質的には同じ成分のことです。シャンプーに配合されている成分で商品選びをする際には、いろいろな表記があることを理解しておくと、見間違えることがありません。もともと肌に刺激が少ない成分なので、高濃度に配合されていても副作用が起こる心配は少ないのですが、シャンプーの場合には配合量は低濃度になっているので、毎日の洗髪で使ってもまったく問題ありません。もしも使用することによって頭がかゆくなったりブツブツができてしまう場合には、この成分ではなく他の配合成分によって引き起こされたトラブルの可能性が高いので、石油系界面活性剤や添加物などはできるだけ排除されている無添加タイプのシャンプーを使うようにすると良いでしょう。

グリチルリチン酸2kが入ったシャンプーで頭皮環境が改善

育毛剤や育毛シャンプーの中に配合されていることが多いグリチルリチン酸2kは、もともとは甘草という漢方にも使われる植物の茎や根の部分から抽出されている成分です。肌の炎症を抑えたり、雑菌などをすっきりと殺菌する働きがあるだけでなく、アレルギーの症状を抑えてくれる作用があるので、シャンプーにこの成分が入っている場合には、頭皮環境を確実に改善することができます。

 

頭皮は常に髪で覆われていて通気性が悪く、蒸れやすくなっています。また、シャンプーなどで爪を立ててゴシゴシこすってしまったり、頭がかゆいからと爪でゴシゴシ引っ掻くクセがある人は、表面に細かい傷がついていることが多いものです。高温多湿と言う頭皮環境においては、雑菌が繁殖しやすくなっていますし、雑菌が肌の傷から内側へ侵入すると、様々なトラブルを起こしてしまいます。さらに、洗浄力が強いシャンプーを使っている人は、毎日の洗髪で肌に必要な皮脂も取りすぎてしまうために皮膚が乾燥し、その水分不足を補うために皮脂分泌が過剰になってしまいます。それが、頭がベタベタする原因になるのです。

 

グリチルリチン酸2kは、肌に刺激が少ない成分なので、すでにトラブルを起こしている人が使っても問題ありません。爪で頭を引っ掻いたりして皮膚に傷をつけてしまうと、髪を洗うとしみて痛かったり、赤くなったり、ブツブツができてしまうことがありますが、そうしたトラブルをグリチルリチン酸2kがしっかりと改善してくれるので、使い続けるうちに環境改善が期待できます。また、抗炎症作用や抗アレルギー作用があるので、トラブルを起こしていない人が使うと、予防効果も期待できます。

 

肌への刺激が少ない成分なので、もしもグリチルリチン酸2kが入っているシャンプーを使ってトラブルが起きた場合でも、この成分が原因となることは少ないようです。他に配合されている成分に対してアレルギー反応を起こしたかもしれませんから、成分をよくチェックして原因を突き止め、アレルギーを起こしやすい成分が入っていない商品を使うようにしましょう。

育毛シャンプーに含まれているグリチルリチン酸2kの安全性

育毛シャンプーに配合されている有効成分の一つに、グリチルリチン酸2kがあります。これは、甘草と言う漢方薬成分から抽出したエキスで、日本人とはなじみが深い成分ですし、市販されているニキビケア用スキンケア商品などにも多く含まれている成分としても知られています。この成分は、ニキビなどの皮膚トラブルによる炎症を抑える働きがあり、育毛シャンプーに配合されている場合には、毛穴に皮脂や汚れが詰まることによってニキビなどのトラブルが起こるのを未然に防ぐ作用が期待できます。毒性も少なく肌への刺激も少ないので、安全性はかなり高いとされている成分なので、ヘアケア商品に入っていても副作用などの心配をする必要はありません。

 

頭皮に特にトラブルが起こっていない人なら、グリチルリチン酸2kが必ずしも入っていない商品でも良いでしょう。しかし、頭皮の状態があまり良くない場合、例えばフケが出やすかったり、頭皮がベタベタしたり、洗髪すると頭皮が痛くなったりかゆくなったり、ブツブツができてしまうような場合には、この成分が配合されているシャンプーを選ぶことによって、不快な症状をすっきりと抑えることができます。炎症を抑えるだけでなく殺菌作用もありますから、頭皮環境をすっきりと改善し、健康で丈夫な髪が生えやすく育ちやすいというメリットが期待できます。

 

また、グリチルリチン酸2kには男性ホルモンの分泌を抑える作用もあります。そのため、男性ホルモンの分泌が活発すぎることが原因のトラブルなどは、この成分によって短期間でスッキリと解消できます。育毛剤に配合されていることも多いですし、シャンプーにも入っていて、育毛剤にも入っていてダブルに使用するからと言って、過剰摂取で副作用の心配をする必要がないほど高い安全性も確認されています。シャンプー表記では、「甘草エキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」などと表記されることもありますが、同じものです。